2012年02月10日

お知らせ

2月11日()建国記念の日は、長野県下伊那郡阿智村にある信濃比叡広拯院で行われる、修験道火渡護摩供に出仕(しゅっし)する為、供養、祈願、をお受けすることができません。
(※予約等のご連絡は受け付けております)
大変申し訳ございませんが、ご了承くださいます様お願い申し上げます。

その昔、天台宗の開祖伝教大師最澄上人は東国布教のため信濃坂を越え、神坂峠の難儀を見かね、信濃側と美濃側の両方に旅人を救済する布施屋、広済院(美濃側)、広拯院(園原)の両院を建立ことが始まりといわれております。広拯院には伝教大師像や根本中堂、鐘楼、千体地蔵などがあり、素晴らしいお寺です。

火渡り護摩は一般の方でも自由に参加できますので、信濃比叡広拯院の火渡りに参加して諸願成就をお祈りされてみてはいかかでしょうか。 合掌
信濃比叡 http://www.enasan-net.ne.jp/hiei/index.html

住職 清水興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
posted by 三河善光寺 at 21:33| 日記

2011年12月31日

新春祈祷会のご案内

当山では平成24年度新春祈祷会を執り行います。

日 程  平成23年1月1日(元旦)〜5日(木)
 
時 間  10:00 11:00 13:00 14:00 15:00 16:00
          各時間に執り行います

祈祷料 3000円より

お願い事
厄除祈願・方位除け・家内安全・交通安全・商売繁盛・身体健全・病気平癒・諸願成就・心願成就・良縁成就・子宝授与・安産成就・学力向上・入試合格・社運隆昌・自動車交通安全 等 (その他の祈願もお受けいたします)
heisei24nenn.jpg
heisei24nenn2.jpg
画像をクリックすると大きくなります

皆様来年は厄年、方位除けに当たっていませんか?
当山ではみなさまの人生の節目や転換期などには祈願を行っております。特に新しく始まる一年の節目には手を合わせ、日々の無事と健康を祈念し、御祈願をお受けになられることを、おすすめいたします。
新春を迎えると共に各家の諸願成就のために善光寺如来様の祈祷札を受けられては如何でしょうか。ご家族、皆様をお誘いのうえお参り下さいますようご案内申し上げます。 合掌

住職 清水興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
posted by 三河善光寺 at 19:07| 日記

2011年12月22日

うれしい便り

IMG_8765.JPG
今年も当山にりんごが届きました。毎年長野から届くりんごが、この時期一番の楽しみです。
欧米のことわざに「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とあるように、りんごを食べて忙しい年末年始を乗り切りたいと思います。
今年も美味しいりんごをお送り下さいました皆様本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


IMG_8770.JPG
先日善光寺サミットに行った際、記念品で頂いた「信州善光寺案内」という本を読みました。
居た時には関心が無かったことも、この本を読む事によって「そういえばあそこにあったな」「こういう言い伝えがあったんだ」という新しい発見がありました。今度お参りに行く時はまた違った角度から見る善光寺をお参りできそうです。興味のある方は是非ご覧になってみてください。 

気がつけば平成23年もあとすこし、皆様も体調にはご自愛くださいませ。 合掌

住職 清水興秀
posted by 三河善光寺 at 12:08| Comment(0) | 日記

2011年11月27日

第10回善光寺サミット

IMG_8601.JPG
善光寺にゆかりのある全国の寺社関係者が集う「第10回善光寺サミット」が11月18日、19日の2日間にわたり行われました。全国善光寺会は228寺社で構成、2年に1度サミットを開催しており、参加してまいりました。

今回は東日本大震災発生の年に開催という事もあり、総会の冒頭で善光寺大本願鷹司誓玉上人様が「震災以来、絆という言葉がよく使われているが、善光寺信仰もその絆で結ばれている。互いに協力しながら、よりよい活動に生かしたい」と述べられましたように仏教徒として何かできることを模索し、被災地を力づけていけるよう協力していく事で決議が成されました。
19日は生憎の空模様となってしまいましたが、御貫主さま、御上人さま、両御住職ご出仕のもと記念法要が厳修され、参拝者全員で仏教の興隆と世界平和を祈念すると共に東日本大震災で犠牲になられた方を弔い、被災地早期の復興、そして原子力発電所の早期の安全を強く願いました。

善光寺サミットというご縁のもと、久しぶりに会った友達と近況報告をしたり、先輩方からアドバイスを頂いたりと充実した時間を過ごす事が出来ました。 合掌

住職 清水興秀
posted by 三河善光寺 at 19:29| 日記

2011年11月13日

お知らせ

11月16日(水)〜11月19日(土)まで信州善光寺で行われる第10回善光寺サミットに出席する為、供養、祈願、をお受けすることができません。
(※予約等のご連絡は受け付けております)
大変申し訳ございませんが、ご了承くださいます様お願い申し上げます。 

善光寺サミットは二年に一度開催され、仏教の興隆と世界平和に寄与する目的を改めて確認しあう総会です。総会、記念講演、記念法要などが予定されており、忙しい2日間となりそうですが、久しぶりに仲間に会えるのが今から楽しみです。また帰って来ましたら、善光寺サミットの様子をご報告出来たらと思っております。 合掌

住職 清水興秀
posted by 三河善光寺 at 11:45| 日記

2011年09月25日

お知らせ

9月26日(月)27日(火)28日(水)は、所用の為、供養、祈願、をお受けすることができません。
大変申し訳ございませんが、ご了承くださいます様お願い申し上げます。 合掌

住職 清水 興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
posted by 三河善光寺 at 11:41| 日記

2011年09月21日

秋彼岸会のご案内

三河善光寺では9月22日(木)秋期彼岸法要を執り行います。
家族、皆様お誘いのうえ、報恩感謝の気持ちを込めて先祖供養、水子供養をし、お彼岸という機会に自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。 合掌

秋期彼岸会
日時    3月22日(木)
       午前10時より〜12時まで
志納料  3千円より
posted by 三河善光寺 at 21:07| 日記

2011年08月06日

お知らせ

8月7日()は施餓鬼会法要に出仕の為、供養、祈願、をお受けすることができません。
(※予約等のご連絡は受け付けております)大変申し訳ございませんが、ご了承くださいます様お願い申し上げます。

そして本日8月6日()は岡崎観光夏まつり第63回花火大会が行われます。
仕掛花火、金魚花火、スターマインなど、バラエティに富んだ約2万発の花火が楽しめ、東海随一といわれる花火を見るために約50万人が訪れます。
お参りに来られる方は、当山周辺時間によっては渋滞も予想され、ご迷惑をおかけしますが、お参りに来られる際は時間に余裕をみて頂き、お気をつけになってお越し下さいますようお願い申し上げます。

皆様も江戸時代から続く三河花火を一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。 合掌 

住職 清水興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
posted by 三河善光寺 at 11:28| 日記

2011年07月20日

施餓鬼法要のご案内

三河善光寺では7月22日(金)大施餓鬼法要を執り行います。施餓鬼会は、お釈迦さまの十大弟子の一人である目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が教えを受け、修法を行ったのがはじまりといわれ、三界万霊(この世のあらゆる精霊)を供養する法要です。ご家族、皆様をお誘いのうえ、先祖供養、水子供養、など有縁の精霊、また広く無縁の諸精霊を供養することで無量の功徳を積み、共に自身の福徳延寿を願われてみてはいかがでしょうか。当日は万障おくり合わせの上ご参詣下さいますようご案内申し上げます。 合掌

大施餓鬼法要
日時  7月22日(金)
     午前10時より12時まで

住職 清水興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
posted by 三河善光寺 at 12:05| 日記

2011年07月18日

なでしこジャパン

第6回女子ワールドカップドイツ大会は日本時間18日に決勝が行われ、日本代表「なでしこジャパン」が世界ランキング1位の米国を2―2からPK戦の末、3―1で破り初優勝しました。私もいつもより少し早起きをして観戦をし、何度となく訪れた試練にも下を向かず戦う選手の姿、そしてワールドカップ初優勝に感動し、涙しました。
3月11日に起こった未曾有の大災害に、現在でも被害に遭われた多くの人々が困難と日々戦闘っています。なでしこジャパンが優勝しても被災地での苦しい生活は変わらないかもしれない。しかし、最後まであきらめないで願い続ければきっと叶うんだという、なでしこジャパンの強い気持ちが困難と闘う多くの方の心に届いたのではないでしょうか。

日本に活力を与えてくれた、なでしこジャパンありがとう。そして本当におめでとうございます。 合掌
IMG_8083.JPG

住職 清水興秀
ホームページ:http://www.mikawazenkoji.com
 
posted by 三河善光寺 at 16:03| Comment(0) | 日記